呼吸器内科

Respiratory medicine

呼吸器内科

「咳」や「痰に血が混じる」、もしくは「息切れ」などでお困りではありませんか。
このような場合には、以下のような病気の可能性があります。
当院では、呼吸器専門医による適切な診断から最適な治療までを一貫して提案することが可能です。

咳が長引く、息切れがひどくて階段が登れない、痰に血が混じるなどの症状でお困りではありませんか?
上記のような症状の場合、呼吸器(肺、気管支、喉など)の病気の可能性があります。
具体的な病名としては肺炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺がん、結核など非常にたくさんの原因が考えられ、時には重い病気も混ざっているので「早期診断」が非常に大切です。

特に「咳」に関しては原因が非常に多く、鼻が原因であったり、ときには胃酸の逆流が原因で起こることもあります。
呼吸器専門医が、丁寧な診察で「咳の原因」についてのご相談をさせていただきます。

喘 息

咳の原因の一つとして、気管支喘息があります。
この気管支喘息は有名な病気ですが、軽症の場合には咳のみでなかなか診断が難しいこともあります。

当院では呼気一酸化窒素測定モニターを準備して、喘息診断に活用していきます。
また、気管支喘息の治療は吸入薬を使用しますが、たくさんの薬剤の中から患者さんの症状に応じた「最適な薬剤の選択」に力を注いでいきます。

肺 炎

風邪やインフルエンザにかかったあと1週間ほどして体がやっと楽になってきた頃に熱や咳をぶり返したり、
風邪と思っていたのに3日以上熱と咳が続く場合には、肺炎になっている可能性があります。
そのような場合には、肺のレントゲン検査などで肺炎の確認をさせていただきます。

非結核性抗酸菌症

結核の仲間の病気で、人から人にはうつらない病気です。
ガーデニングの土や、シャワーヘッドなどの家の水廻りから感染するといわれています。
中年の女性に多い病気で多くの場合は進行がゆっくりですが、中には血痰や肺炎の合併、息苦しさなどでお困りになる方がいます。

この病気は副作用の管理が重要ですので、呼吸器内科・感染症に精通した専門医がこまやかに病状管理や治療を行います。

禁煙外来

当院は糖尿病専門クリニックであり、生活習慣病をバランスよく治療していくことを目標としています。
喫煙は動脈硬化からの脳梗塞・心筋梗塞などに密接に関わっており、糖尿病治療の質を高めるために禁煙外来を開始します。

-対象となる方-
A)ニコチン依存症に係るアンケートで、ニコチン依存症と診断された方
B)ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方
C)ただちに禁煙することを希望している方

自己流の禁煙ではうまくいかない場合でも、禁煙補助薬を使用することより楽に禁煙が成功する場合があります。
お気軽に当院の呼吸器専門医にご相談ください。

小牧市民病院より徒歩5分 名神小牧IC・名古屋高速小牧南ICより車で5分

0568-74-0003

〒485-0044 愛知県小牧市常普請2丁目83番地